[パーフェクト情報]石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電

太陽電池というのは別名でセルとも呼ばれ、単純にセルの範囲が大きいほど太陽光を浴びることとなる範囲も大きくなるのです。
このことから作り出す電力が必然的に多くなりますし、太陽光が強ければ強いだけ、電力も強くなります。太陽光発電は、そのシステムが正常に可動して太陽光がある限り、永久的に使用をすることが出来るものとなります。
限りのある石油などに変わる自然再生エネルギーとして、日本国内だけに限ったことではなく世界的に注目されているシステムなのです。
最近では太陽光発電の導入が積極的に行われており、多くの企業が注目をしています。
これから太陽光発電設置を検討しているのでしたらまずはそのメリットなどについて考えてみましょう。
太陽電池というのは電力を蓄えておくことの出来る電池とは根本的に異なっており、太陽エネルギーを電力に変換するものとなります。
その太陽電池というものを、太陽の光が当たる場所に置き、そこで作り出した電力を使用するのが太陽光発電となります。

 



[パーフェクト情報]石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電ブログ:2017年07月30日

「ご飯を食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
皆様はどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ご飯を食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ご飯は太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人のシェイプアップを失敗させているようなんです。
ご飯って、理想的なシェイプアップ食品なんですって!

では、どうして
ご飯が理想のシェイプアップ食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ご飯は100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ご飯を食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ご飯はインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
菓子パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ご飯よりも太りやすいそうです。

また、ご飯の主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ご飯の炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがご飯の味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさにシェイプアップにもってこいですよね!

ホーム サイトマップ